父の米寿

明日で88歳になる父は寝たきりですがささやかなお祝いをしました。ベッドから車いすに移動して主賓挨拶。その後はもくもくと食べる父。母と妹と私の三人は食事にもましておしゃべりに花が咲きます。和裁、洋裁、編み物の腕前はプロ並みの母が、私たち姉妹がおいてきた衣類を、スカート、パンツ、バッグ、エプロンにとリフォームした作品を次々に披露。あまりにほめたのでフアッションショーまでするほど(笑)昔話に泣いたり笑ったり楽しい女子会に、肝心の主賓はあきれた様子でベッドへ戻りました。各々の体の不調にうなずく三人でしたが、年の差を考えると、やはり85歳の母若し!ということでした。今回初めて聞く苦労話などに、私たちはまだまだ頑張れると勇気をもらいました。
なお、お弁当はふじせいの出前です。前日までのご予約で承っております。

関連する雑記帳

Translate »