ふきのとう

我が家の庭にもふきのとうが顔を出しました。ふき(蕗)はキク科フキ属の日本原産の野菜。というか山菜としてお馴染みですね。地下茎を持ち、地上に出るのは葉と柄。いわゆる蕗です。蕗の薹(ふきのとう)は、花の部分。私たちはそのつぼみを食するということですね。雌雄異株で、花が黄色いのが雄株、白いのが雌株。あまり伸びずに枯れる雄株に対して、トウがたつといわれるのが雌株。なんだか昔いわれたような・・・。ほろ苦さがうまいと感じるようになったら、もうりっぱな大人の証拠かしら?

関連する雑記帳

Translate »