【ブログ:女将の雑記帳】

営業再開のお知らせ

 

休業中もたくさんのお問い合わせをいただき

ありがたさと申し訳なさで

胸がつぶれそうでした。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

スタッフのワクチン接種も順調に進み

明日15日より、営業を再開することにいたしました。

(明日はもち料理だけになりますがご了承くださいませ)

また、当分間は昼だけの営業を継続いたします。

どうやら、コロナとは長期戦になりそうですね。

コロナ下を生きる覚悟をもっての営業再開です。

季節はもう秋。

庭からは懸命に鳴く虫の声が聞こえます。

力を合わせて一歩ずつ前進!

なお、冷凍もち膳のご注文も承ります。

よろしくお願いいたします。

 

休業のお知らせ

新型コロナ感染の全国的な急拡大を受け、

本日より当分の間、休業することにいたしました。

前回、前々回と同様に苦渋の決断でございます。

不透明な未来に、どう対処していけばよいのか、、、。

長丁場になりそうですが、みんなで乗り越えましょう!

 

 

 

感染急拡大

新型コロナウイルスの全国的な急拡大が報道されております。

これを受け、来週より当分の間休業することにいたしました。

スタッフ全員のワクチン接種も済んでおらず

悩んだ末の決断でございます。

現時点では営業再開の時期は未定です。

何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 

TOKYO2020

 

 

 

 

 

 

オリンピックとコロナ。

ふたつのカタカナが紙面に並ぶ毎日です。

1964年の東京オリンピック時、小学6年生だった私は

国や人種を超えるオリンピック精神が

日常でも普通になるよう願うと書いた作文を

校内放送で読みましたっけ。

若い世代は

TOKYO2020を

そしてコロナを

どんな風に思い出すのでしょう。

酷暑の夏のふたつの記憶。

 

 

 

 

 

しあわせの場所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

検温、消毒、それからお席へ。

最近はお客様方も心得たものでございます。

先日、ご来店のご婦人のお客様方が帰り際に、

お花に癒され、お食事も美味しく、

元気をいただきましたと言ってお帰りになられました。

飲食店は単に食べる場所ではないということでしょう。

何気ない日常こそが、最高の幸せだったと

災害の度に

私たちは気が付きます。

早く日常が戻りますように・・・。

 

 

簡易包装になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店のお餅は、水と餅米だけで搗きあげますので、時間の経過と共に硬くなります。

また、この季節は添加物不使用の具材(特にずんだ、くるみなど)も足が早いものですから、

もち膳パックでの持ち帰りは、数時間以内に召し上がる方だけとさせていただいております。

また、おもてなしの気持ちも込めて1個ずつ不織布で包装しておりましたが、

ごみ削減に対応して今後は簡易包装とさせていただきます。

何卒ご理解賜りますようお願いいたします。

贈り物にする場合は従来通りの不織布での包装も承りますのでお申し付けください。

 

 

 

 

 

みちのくあじさいまつり2021

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も一関市舞川であじさいまつりが開かれています。

昨日ご来店のお客様も、これからアジサイを見に行くとおっしゃっていました。

梅雨空の涼しい気候はアジサイ見学にはお似合いですね。

今月の25日まで、入場料は1000円。

一関にお越しの皆様はぜひ足を伸ばしてみてください。

励ましの言葉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板も出せないほどの横殴りの雨、風の音もすさまじい一関です。

今朝、主人は駐車場のオーナーから声をかけられたそう。

「大変なときだけど、がんばっぺしね~」

93歳の彼女は、現役のダンス講師です。

先日、届いた私の45年来のペンフレンドからの手紙。

・・・昔のあなたの手紙を読み返したら、

♬困ったときがチャンスです~、頭のチャンスよくなるです~と

子供たちが毎日歌いながら遊んでいますと書いてありましたよ。

大変なコロナ下ですが、新しいことを考えて、乗り越えて参りましょう・・・

尊敬する元上司の女性は、今年米寿です。

戦前、戦後を乗り越えてきた先輩たちからの激励の言葉。

はい、頑張りますとしかいえません。

我々、まだ60代ですもの。

 

 

 

 

 

 

JAFMate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャフメイト6月号では岩手県南を取材していただきました。

日本の魅力、再発見・・・光さす未来へ。

正にこの表題が心に響くコロナ下です。

古から近代まで

ささやかな日常が遠ざかり

祈るしかないときもありました。

いまこそ、大いなるものの導きを信じたいものです。

光さす未来がきっと待っていると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・おいしかったです~。

・皆さんが何度も来たくなると言っているわけがわかりました。

・また絶対来ますよ。

・想像以上でした。

・生まれて初めての味でした。

・感動しました。

・・・・・・

お会計時にいただく言葉は皆さまからのエールとして

しっかりと受け止めております。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Translate »