ずんだ餅

12

ゆでた枝豆をよくすり、砂糖、塩で調味します。
わざとつぶつぶ感を残すなど、すりつぶし加減は各家庭の好みによります。
冷凍技術が進んだ現代では通年食べることができますが、本来は夏から秋の枝豆が出回る時期限定のもち料理です。
ふじせいでは、一関産の枝豆を使っていますので、スタッフ総動員で薄皮を剥く作業をするのが晩夏。
手間をかけた分だけ素朴な昔の風味を味わっていただけると思います。

 

大根おろし

「もち本膳」では大根おろしをひと口食してから餅料理が始まります。 甘酢味が、多彩…

あんこ餅

小豆は古来より邪気を払うとされお祝いには欠かせない食べ物でした。 行事食には粒あ…

納豆餅

納豆を絡めたシンプルなもち料理で、行事食というよりは普段によく食べる一品。醤油ま…

くるみ餅

かつて大きな鬼ぐるみの木は空き地や山道でみかけました。 保存していたくるみの実を…

ずんだ餅

ゆでた枝豆をよくすり、砂糖、塩で調味します。 わざとつぶつぶ感を残すなど、すりつ…

じゅうね餅

エゴマは紫蘇によく似たシソ科の植物で土手や道端に自生します。 じゅうねとは、エゴ…

しょうが餅

甘味が多いもち料理の中でさっぱりとした味のもち料理です。 椎茸に、根しょうがのお…

ごま餅

黒ごまは、よく煎り砂糖と塩(または醤油)で味をとります。 手間暇がかかる分格式が…

えび餅

かつて、池や沼に生息する沼えびは貴重なカルシウム源でした。 丸ごと炒って、だし醤…

お雑煮

「もち本膳」の締めくくりのお雑煮は、正式には引き菜椀といいます。大根、人参の千切…
Translate »