【ブログ:女将の雑記帳】

四つ葉のクローバー

暖かく穏やかな、気持ちのよい朝の一関です。

でも、依然として駅前駐車場は人影もない・・・。

背に春の陽ざしを受けながら前庭の草むしりをしていたら、

あら~見つけちゃった~。

四つ葉のクローバー、ふたつも!

いいことがあるかしら?

ね、神様、お願いごとはふたつですよ。

エキトマチケット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地震で不通だった東北新幹線の盛岡仙台間は4日に開通するそうです。

東北も桜の季節が近いのでうれしいニュースですね。

さて、JR東日本発行の電子チケット、「東北MaaSチケット」は、

「エキトマチケット」と名称を変え、本日4月1日よりご利用できます。

駅と町を繋ぐ=エキトマチケット、より便利になりました。

万全の感染予防をして、桜の季節を楽しみたいものです。

 

 

 

 

 

気合

一年前のNHKあさイチ「合気道的生活」を録画していました。

1、全身リラックス運動・・・直立して肩の力を抜いて手をブラブラする。

2、イライラしたら・・・深い呼吸で副交感神経を優位にする。

3、不安払拭には・・・短く強くフッと息を吐き、気持ちを切り替える。

4、効率よく・・・落ち着いて一つずつ片ずけていく。

など、私にはとても参考になりました。

特にも4番。

次々と襲いかかる大勢の敵(=試練)をバッタバッタとなぎ倒す。

いまこそ、冷静に、一つずつ対処。

はっ、はぁっ、はぁ~っ!

節電

東日本大震災の時は、一関地方も断水、停電を経験いたしました。

その後は業種を問わず節電に努めたと記憶しております。

トイレは利用者が電気をつけることが当たり前になりました。

以来、当店では今も入口に貼ってあります。

電化製品はスイッチを切るではなくコンセントを抜くことも奨励されました。

今回の地震で再点検することはたくさんありそうですね。

家計にやさしくは、地球にやさしくすることですもの。

皆さま、思いを共有して節電しましょう。

COFFE

いまや食後のコーヒーは当たり前になり、和食の後にもコーヒーです。

若い頃からコーヒーが苦手な私は、一人だけココアとか注文していました。

ミルクと少量の砂糖を入れて飲めるようにはなりましたが、

身体にいいと説得されてもなかなか胃が受け付けませんでした。

先日、甘いお菓子があったので、お湯で薄めてブラックに挑戦。

あら、これなら飲めるわ。美味しい。

スタッフにブラックが飲めたよ~と報告して笑われましたけど。

というわけで、70歳を前にして苦いコーヒーを飲める大人になった私です。

2020年3月16日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年3月16日23時36分、福島県沖を震源とする地震がありました。

一関は震度5強。

強く、しかも揺れは長く、2回続いたのでとても怖かったです。

深夜でもあり、その被害を確認したのは今朝です。

店舗はある程度対策をしていたこともあって、酒類、陶器の被害は最小限で済みました。

自宅も陶器類や本の一部が落下した程度でした。

なぜか今回も安価な陶器だけが残ってしまったけれど・・・(-_-;)

でも、庭に目をやると石灯籠が無残な姿に。

こちらは大震災時よりもひどい。

やっぱり強かったのですね。

地震慣れぜず、災害時の備蓄、連絡網など再点検します。

お店は通常通り本日も11時から14時までの営業です。

 

 

 

反戦歌

今朝、ピーター・ポール&マリーの「悲惨な戦争」を

ふっと口ずさんでからハッとしました。

半世紀前のフォークソング全盛期に学生だった私は

やっと貯めたお金で憧れのギターを買って

教本を見ながらコード進行を覚えていました。

中にはたくさんの反戦歌があったのですが、

戦争の悲惨さも知らずにつま弾いていました。

いまはもう最後まで歌うことできません。

The Cruel War is raging, Johnny has to fight
I want to be with him from morning to night.
I want to be with him, it grieves my heart so,
Won’t you let me go with you?
No, my love, no.

固定電話

いまや固定電話は勧誘がほとんどなので、

あえて名乗らず「はい」のみで出ています。

知人からだとあわててイチオクターブ高い声に変換。

先日、いつものとおり「はい」と言った途端

元気な女性が

「あ、おかあさん?誰か若い人そこにいる?」ですって。

プッツンと何かが切れる音。

確かに愛想のない低音で応対してますが・・・

「今度から私がいちばん若い人です」と答えたらと夫。

ホントですからね~。笑

折り合い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食はパン、それともご飯にする?

車のエアコンをつけて、いらないよ。

炬燵がぬるい、いえ、熱いわ。

日常はほんとうに些細な選択の連続です。

私たちは時に意見が食い違っても

なんとか折り合いをつけながら生きています。

しかし、命を賭しても譲れないものがあるということです。

もう私自身は悲惨な画面は観られなくなっています。

だから祈りは届くということを信じて祈ります。

 

 

 

 

虫メガネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、義母の日のプレゼントにメガネルーペ(ペンダント)を

贈ったところ想像以上に喜ばれて驚きました。

最近、晩年に義父が使っていた虫めがねを夫が使い始めました。

私共が小学生の頃は、なぜか全員が虫めがねを持っていましたね。

それにしても、でかくて重い虫メガネ。

これなら探さなくていいでしょう。

Translate »