【ブログ:女将の雑記帳】

大槻三賢人

数日前、お客様から大槻三賢人像はどこにありますかと尋ねられました。

一ノ関駅西口の真ん前に胸像が立っております。

大槻玄沢は、一関藩医玄梁の長男で建部清庵の門弟です。

日本初の蘭学塾「芝蘭堂」を開き、蘭学・オランダ語の入門書「蘭学階梯」や

「解体新書」を改訳した「重訂解体新書」などの著書があります。

大槻磐渓は玄沢の二男で、開国を唱えた和魂洋才の儒学者です。

大槻文彦はその磐渓の三男。文部省から辞書の編集を命じられ、

16年の歳月をかけ、わが国初の辞書「言海」を完成させました。

駅から出たら、ぜひ立ち止まってご覧くださいませ。

本植え

田植えが済んだ青々とした田んぼが清々しい皐月です。

そういえば「今日から本植えです。」と

結婚式でお仲人さんに言われました。

苗ポットで発芽した稲を、田んぼに本植えして、やがて稲が実る。

嫁ぐことをそのように語る時代ではないとはいえ、

結婚への覚悟のようなものを強く感じたものです。

いちばん欲しいもの

今年は、欲しいものを贈ろうかな、何かある?

はて、私が今、一番欲しいもの、、、、

あっ、ありました。

それは、ほかでもない「体力」です。

年々、脳力も気力も、そして体力も下降線。

いかんともしがたい加齢による現象とはいえ、

体力さえあればなぁと思うことがずいぶんと増えましたね。

だから、精がつく食べ物をお願いしました!

「母の日」は、私にとって子供たちに感謝する日です。😊

いつもありがとうございます。。😭

春の大運動会

昨年5月、新型コロナウイルス感染症が5類に移行し、

平常時に近い形で様々な行事が開催されるようになりました。

先週今週は、県内の多くの小中学校で運動会が開かれています。

行事がたくさんあるので、運動会は春に開催される最大のイベント!

気温が上がっている今日は、おばあちゃんは熱中症が心配ですよ。

孫たちは、元気に走っているかな、がんばれ~~😊

いつか応援に行きたいものです。

 

筋膜リリース

とうとうと流れる大河が夫の血管なら、ちろちろと流れる細い小川が私の血管。

なにしろ、検査の際にカテーテルを入れるのがやっとだったという細さ!

血流が悪いので、冷え性や肩こりには長年苦しんできましたが、

夫は肩こり知らず!😲

肩がこらない人は、(残念ながら)肩もみが下手なんですよね~。

最近知ったのが、皮膚を3秒ほどつまんで離すだけの筋膜はがし。

たしかに効くような気がします。😊

ややぽっちゃり

これは、見出しだけでチョッと動揺します。

「ややぽっちゃり」を目指しましょう?😲

コロナ期間はご多分にもれず、やっぱりコロナ太り。

ただ、体力がついたのか疲れにくくなり喜んでいました。

しかし、医者からは、体重と共にコレステロール値も上がったので、

体重を元にもどすようにと減量↓を命じられました。

体重は減らさず、LDL値を下げる、悩みは深し初夏の雨。😅

 

もち本膳

400年の歴史を誇る伝統食文化「もち本膳」。

仙台藩祖伊達政宗公が、儀礼式に則って、始めたとされております。

この地方では、おめでたい時もそうでない時、あらたまったお席では、

最高のおもてなしである「もち本膳」が振舞われます。

お席には「おとりもち」と呼ばれる指南役がおりまして、

口上を述べた後に、独特の作法に従って、餅をいただきます。

大根おろしをひと口、次はあんこ餅、そして料理餅と呼ばれる(ごまとかくるみなど)を

いただき、引き菜椀(お雑煮)で締めくくりとなります。

日本料理では最高のおもてなしとされる一汁三菜の「本膳料理」を

餅だけで調えた食文化を継承したいものと、

現代風にアレンジして考案したのが「元祖ひと口もち膳」です。

+

++++++++++++++++++++

本の捨て方

寒くても暑くても動けないので、断捨離の期間は限られます。

家族全員の本が並んでいる本棚は難題の一つ。

本棚は2階にあるので、重い本を階下に運ぶのも一苦労で、😭

結局迷った末に本棚に戻すこともしばしばです。

埃もいっぱいの古本!

捨てるというのは大変な作業なんですよね~。

クマさんに出会った

あちこちで、クマに注意⚠️の看板を見かけます。

緑🟢中の黒い色⚫️は、想像以上に目立ちます。

先日、視野の中の小さな黒い点が、どんどん近づいて、

見る間に大きくなり、それが熊だとわかりました。

私は、その時点ですぐさま逃げましたが、

多くの人が、クマだって〜と見ているのに驚きました‼️

ちょっと〜撮ってる場合じゃないわよ〜〜🙅

カンパネラ

外気は夏のよう。

室内はひんやり。

カーディガンで調整しております。

お花屋さんにカンパネラを見つけました。

ラ・カンパネラはピアノの難曲ですが、鐘という意味だそう。

ギボウシをスカートのようにはかせ、初夏の風情に。😊

 

Translate »